2016ふくしま高校生 社会活動コンテスト 結果

福島の高校生が、日本を元気にする。」

ふくしま学びのネットワークと東京大学REASEの共同主催で、ボランティア・社会貢献・復興・国際交流・まちおこし・製品開発など、県内高校生の社会活動を対象としたコンテストを実施しました。合言葉は「福島の高校生が、日本を元気にする」。コンテストは今年で3回目の開催です。

 

県内各地で課題解決に取り組む高校生が、各自の活動を楽しく分かりやすく発表し、活動内容のレベルの高さに今年も会場は大いに盛り上がりました。

各グループのプレゼンテーションと、合計90分にも及んだ質疑応答の後、審査員の先生方の厳正な審査の結果、下記の通り各賞が決定しました。

★最優秀賞
福島高校 福島復興プロジェクト 土湯魅力創造班
(福島県立福島高等学校)
 「福島復興プロジェクト 土湯魅力創造」

 

★東京大学REASE賞(優秀賞)
ガチリン(わかりやすいプロジェクト(国会事故調編))
(学校の枠を超えたグループ)
 「ガチリン(わかりやすいプロジェクト(国会事故調編))」

 

★ふくしま学びのネットワーク賞(優秀賞)
福島県立新地高等学校 新地駅前プロジェクト
(福島県立新地高等学校)
 「新地駅前プロジェクト in 新地高校」

 

★審査員賞 ※50音順、重複受賞あり
ガチリン(わかりやすいプロジェクト(国会事故調編))
(学校の枠を超えたグループ)
 「ガチリン(わかりやすいプロジェクト(国会事故調編))」


チーム「Future」

(個人)
 「広野町の課題解決へ向けて」


福島県立新地高等学校 新地駅前プロジェクト
(福島県立新地高等学校)
 「新地駅前プロジェクト in 新地高校」


福島高校ダイバーシティ

(福島県立福島高等学校)
 「福高ダイバーシティ」


福島高校 福島復興プロジェクト 土湯魅力創造班
(福島県立福島高等学校)
 「福島復興プロジェクト 土湯魅力創造」


最優秀賞、優秀賞の皆さんには、2016年11月26日に東京大学で開かれる公開講座にて、活動を発表して頂きます。
発表して頂いた高校生の皆さん、本当に有難うございました。おめでとうございます!

 


 

2015年度のコンテスト結果は、こちらをご覧ください。

主催 一般社団法人 ふくしま学びのネットワーク
   東京大学REASE
    (研究代表者:東京大学大学院経済学研究科 教授・松井彰彦)
後援 福島県教育委員会
協賛 認定NPO法人福島100年構想委員会
   福島復興プロジェクトチーム「花に願いを」

※問合せ先:一般社団法人 ふくしま学びのネットワーク

ふくしま学びのネットワークは、福島県から新しい教育と学びのあり方を創造・発信する非営利の団体(一般社団法人)です。

ふくしま学びのネットワークは非営利の団体で、活動の趣旨にご賛同いただける皆様からの会費・寄付により運営されています。賛助会員・寄付については、こちらのページをご覧ください。

Facebookもチェック!

関連リンク

数理哲人先生の講義をDVDで体験できる! WEBショップはこちらです。

福島県を多様性尊重の先進県にするための市民団体、ダイバーシティふくしまの公式サイトはこちらです。

セクマイや若年女性など「なんとなく居場所がない」と感じているあなたのための「ふくしまコミュニティスペースよりみち」はこちらです。