令和3年度 ふくしま高校生 社会貢献活動コンテスト 本選結果

福島の高校生が、日本を元気にする。」

 

2021年10月3日、福島市の自治会館を審査会場に、県内高校生の社会貢献活動を対象としたコンテスト本選を実施しました。福島県教育委員会とふくしま学びのネットワークの主催、福島大学アドミッションセンターの共催です。

予選(書類審査)を通過した12グループが出場しました。県内各地で課題解決に取り組む高校生が、各自の活動を楽しく分かりやすく発表し、活動内容のレベルの高さに会場は大いに盛り上がりました。

 

今年度の本選は新型コロナウィルス流行の影響で、オンラインでの開催となりましたが、当日の模様の動画を下記からご覧いただくことができます。

 

開会式

1 会津若松ザベリオ学園高校ザベカフェプロジェクト:ザベカフェ

2 浪江町を元気に笑顔に!(学校の枠を超えたグループ):開けてびっくり!浪江の宝箱!

3 城下町映えさせ隊(学校の枠を超えたグループ):城下町映え映え大作戦!!

4 福島商業高校 福商 課題研究調査研究班:スマイルプロジェクト ~商品開発から高校生ができること~

5 白河高校 Smile More ひがし プロジェクト:Smile More ひがし プロジェクト

6 ふたば未来学園高校 原子力防災班ゼミ:Future Quest ~ふたばの魅力を探究する

7 田村高校 三春滝桜ボランティア隊:滝桜観光ボランティア

8 ふたば未来学園高校 社会起業部:今と未来をつなぐ語り部活動

9 チームしゅわしゅわ(学校の枠を超えたグループ):手話カフェ ~しゅわしゅわ~

10 ふたば未来学園高校 メディアコミュニケーションゼミ ふたばメディアグループ:ふたばメディア

11 遠野高校 家庭クラブ:「遠野和紙」継承プロジェクト~TONO DNAを残そう~

12 船引高校 船高アクティブリーダー育成プロジェクト:船高アクティブリーダー育成プロジェクト

各グループのプレゼンテーションと質疑応答の後、審査員の先生方の厳正な審査の結果、下記の通り各賞が決定しました。

★福島県教育委員会より
最優秀賞
・チームしゅわしゅわ(学校の枠を超えたグループ)

優秀賞
・白河高校 Smile More ひがし プロジェクト
・ふたば未来学園高校 社会起業部
・ふたば未来学園高校 メディアコミュニケーションゼミ ふたばメディアグループ

入選
・会津若松ザベリオ学園高校 ザベカフェプロジェクト
・城下町映えさせ隊(学校の枠を超えたグループ)
・田村高校 三春滝桜ボランティア隊
・遠野高校 家庭クラブ
・浪江町を元気に笑顔に!(学校の枠を超えたグループ)
・福島商業高校 福商 課題研究調査研究班
・ふたば未来学園高校 原子力防災班ゼミ
・船引高校 船高アクティブリーダー育成プロジェクト

 


★福島大学アドミッションセンターより
福島大学アドミッションセンター長賞
・城下町映えさせ隊(学校の枠を超えたグループ)
・浪江町を元気に笑顔に!(学校の枠を超えたグループ)
・船引高校 船高アクティブリーダー育成プロジェクト

社会貢献賞
・本選出場の全グループ

 

発表して頂いた高校生の皆さん、本当に有難うございました。

各賞の受賞、おめでとうございます!

昨年度の「ふくしま高校生 社会貢献活動コンテスト」

の結果は、こちらをご覧ください。

主催 福島県教育委員会
   一般社団法人ふくしま学びのネットワーク(運営事務局)
共催 福島大学アドミッションセンター

※問合せ先:一般社団法人 ふくしま学びのネットワーク

ふくしま学びのネットワークは、福島県から新しい教育と学びのあり方を創造・発信する非営利の団体(一般社団法人)です。

ふくしま学びのネットワークは非営利の団体で、活動の趣旨にご賛同いただける皆様からの寄付により運営されています。寄付については、こちらのページをご覧ください。

Facebookもチェック!

関連リンク

数理哲人先生の講義をDVDで体験できる! WEBショップはこちらです。

福島県を多様性尊重の先進県にするための市民団体、ダイバーシティふくしまの公式サイトはこちらです。

セクマイや若年女性など「なんとなく居場所がない」と感じているあなたのための「ふくしまコミュニティスペースよりみち」はこちらです。